【宅建】法令上の制限2-2 建築基準法 単体規定

法令上の制限 セクション2の2 建築基準法の単体規定について

単体規定とは、個々の建物が満たすべき基準のことを指す。全国一律で、どの場所でも制限がかかる。

ちなみに国宝や重要文化財に建築基準法は適用されない。

※ 単体規定について

単体規定はやり出したらキリがないので、特に重要なものだけ覚える。

単体規定1

高さ60メートルを超える建物や、60メートル以下でも一定の規模の建物は、建物がグラつかないか不安なので、構造計算を受けなければならない。

単体規定2

耐火、準耐火以外の建築物で、延べ面積が千平方メートルを超えるものは、壁やゆかを防火へきや、防火ゆかにして、各区域のゆか面積を千平方メートル以下にしないといけない

単体規定3

さいこうのために、住宅の居室の開口ぶはゆか面積の7ぶんの1以上は必要。住宅以外の場合は、5ぶんの1から10ぶんの1

単体規定4

喚起のために居室の開口ぶはゆか面積の20ぶんの1以上は必要

単体規定5

建築資材にアスベストは使っちゃダメ

単体規定6

地下に作られた部屋には、しっけ対策として防湿措置が必要

単体規定7

高さが20メートル以上の建物にわ、ひらい設備が必要

単体規定8

高さ31メートル以上の建物には非常用エレベーターが必要

 

以上、法令上の制限 セクション2の2 建築基準法の単体規定についてでした。

動画

単体規定は開始から5分まで それ以降は集団規定


法令上の制限 目次

 

 

 

 

コメント