【宅建】権利関係20 不動産登記法

権利関係セクション20 不動産登記法

登記はひとつの土地やひとつの建物ごとに作成する。そして、以下のみっつに分かれる

  • 1、表題ぶ
  • 2の1、権利ぶの所有権保存登記
  • 2の2、権利ぶの所有権移転登記

※ 1、表題ぶについて

表題ぶとは、べつめい、表示に関する登記である。土地の所在地やちもくや地積、建物の種類や構造などを記す。こちらは単独で登記できる。表題ぶは基本データのようなものなので、新築、減失、ちもくやちせきに変更があった場合はいっかげつ以内に登記申請しなければならない。登記名義人の氏名や住所に変更があった場合も申請しなければならない。

申請方法わ、原則、当事者か官公庁が登記官に申請する。しかし、例外として登記官がひとりで勝手にやることもある。

そんな表題ぶだが、実は登記しても第三者に対抗できるわけではない。対抗するには次にあげる権利ぶを登記しなきゃいけない。

※ 2、権利ぶの登記について

権利ぶの登記は所有権保存登記所有権移転登記のふたつがある。

所有権保存登記とは、一番最初にやる権利に関する登記のこと。一番最初の保存登記ができるのは、いかのよにんだけ。

  • 1、表題部所有者、またはその相続人
  • 2、確定判決で所有権を証明できる人
  • 3、収用により所有権を取得した人
  • 4、新築マンション購入者

所有権保存登記が済んで以降は、権利ぶの所有権移転登記が下にどんどん続いていく。

権利ぶわ表題部と違って登記申請義務は無いが、権利ぶに登記すると、第三者に対抗できる。

さて、権利に関する登記は、マンション購入者を除いて、原則、買いぬしと売り主が共同申請しなければならない。

ただし、例外として、以下の8つの場合は、登記権利者が単独で申請できる

  • 1 所有権の存登記
    これは表題登記後に最初にする権利ぶの登記のことである。この時点では登記義務者がいないので権利者が単独で行える。
  • 2 確定判による登記
  • 3 登記名義人の住所や氏名の
  • 4 続、または法人の合併による登記
  • 5 収による所有権の移転登記
  • 6 仮登記をじる処分
  • 7 仮登記義務者の諾がある場合の仮登記
  • 8 仮登記の抹消

以上、やっつである。

これら、単独で登記できる者の語呂合わせは、補欠は変装しよう、名将も抹消、で覚える。

  • 1、補欠の、ほは、所有権の存登記のほ
  • 2、補欠の、けつは、確定判による登記の、けつ
  • 3、変装の、変は、登記名義人の住所や氏名の更の、へん
  • 4、変装の、装は、続、または法人の合併の、そう
  • 5、しようの、ようは、収による所有権の移転登記の、よう
  • 6、名将の、めいは、仮登記をじる処分、のめい
  • 7、名将の、しょうは、仮登記義務者の諾のしょう
  • 8,抹消の抹消は、仮登記の、抹消

以上をあわせて、補欠は変装しよう、名将も抹消、で覚える。

ラストに、登記の申請はオンライン申請か書面を登記じょに提出することで行う。

※ 登記の仮登録について

仮登記にもとづいて本登記が行われた場合、仮登記のあとに第三者が登記しても、先に仮登記していた人が勝つ。

所有権に関する仮登記にもとづく本登記については、登記上の利害関係人がいる場合わ、その利害関係人の承諾があるときだけ行える。

最後に、仮登録に対抗力はない。

以上、権利関係セクション20 不動産登記法についてでした。

動画

権利関係 目次

コメント