【宅建】権利関係6 危険負担について

権利関係 セクション6 危険負担について

危険負担とは、契約成立後かつ、引渡し前に地震などの双方の責めにきすることができないじあんで物件が消滅して売りぬしが履行不能になったらどうなるのか、という問題である。

以下のみっつを抑えていないと危険負担にわならない

  • 1、契約の成立後
  • 2、引き渡し前
  • 3,双方の責めにきすることができないトラブルが起きて履行が不能になった

この場合、買いぬしわ代金の支払いを拒絶できる。また、契約の解除もできる。

しかし、買いぬしの責めに期すべき事由で引き渡しが遅れていて債務ふ履行になったとき、買いぬしは代金を払わなければならない。

備考として、売りぬしは自己の債務を免れたことによって利益を得たときは買いぬしに償還、つまり返却しなければならない。

以上、権利関係セクション6 危険負担についてでした。

動画

権利関係 目次

コメント